スキップしてメイン コンテンツに移動

パッチノート 0.47+

VALORANT パッチノート0.47+ の翻訳です。



原文
https://beta.playvalorant.com/en-us/news/game-updates/valorant-patch-notes-0-47/


* 非公式の翻訳なため読む前以下をご留意ください。
翻訳者は未プレイのため、一部誤りがある場合があります。
用語についても正確性を欠く場合があります。


見なよ。クローズドベータのパッチノートだ。誰が考えただろうな?この短くて甘美なパッチは、屋内の巨人であるレイズ/Raze、多少なりとも撃ち方を学習したカメラ、そしていくつかのマップの更新に対応している。

レイズ/Razeは間違いなく致命的な存在であり、経験豊富なプレイヤーは時間の経過とともに彼女に対してより良いパフォーマンスを発揮するだろうと予測しています。それでも、レイズ/Razeの攻撃力を他のエージェントに近づけるために、いくつかの軽い変更を加えました。また、序盤にプレイヤーがセージ/Sageのバリアオーブに対処できるように、近接攻撃にもバフしています。セージ/Sageメインのプレイヤーは心配しないでください。あなたのスローオーブはバニーホッパーもスローにします。

そして「カメラガン」という言葉は、英国のスパイ映画に戻るべき言葉です。

VALORANTの開発者がパッチノート0.47+で発表した内容は以下の通りです(この数字はアルファ版から引き継がれています)。

ゲームプレイとバランス


近接攻撃によるダメージ

近接攻撃は、以下の破壊物に2倍のダメージを与えるようになりました。

  • セージバリア
  • ヘブン/Heavenの金属の二重扉

変更理由
最初のラウンドや交代直後など、経済的に余裕のないラウンドでは、セージのバリアオーブに対抗するための選択肢が十分ではありませんでした。私たちの意図としてはプレイヤーが彼女の壁と対話しながら、ロードアウトに関係なく壁を倒すことができるハイリスク・ハイリターンの方法を追加することです。

レイズ/RAZE

  • ペイント弾を2枚から1枚に削減
  • ペイント弾にキルリセット機能が追加され、プレイヤーはクールダウンをリフレッシュするために2回のキルを必要とするようになりました。
  • ペイント弾、ブラストパック、ショーストッパーのオーディオを調整し、慌ただしいシナリオでも聞き取りやすいようにしました。
  • 特定の状況下でペイント弾の二次クラスターが意図したよりも早く爆発してしまう不具合を修正しました。爆発する前の最小持続時間を持つようになりました。

変更理由
レイズのゴールは予測可能な位置に配置された敵を懲らしめる脅威度の高いデュエリストになることですが、クラスター手榴弾とその数が過度に圧迫的なシナリオを作り出しているように感じました。また、プレイヤーには適切なゲームプレイ情報が提供されるべきであり、レイズの全てのアビリティの音声キューがその脅威にマッチしていなかったため、それぞれの音声を変更しました。例えば、ショーストッパーが装備されていたり、遠距離から発射されたりした場合、プレイヤーは脅威を明確に認識して解釈できるようにする必要があります。

セージ/SAGE

  • スローオーブはゾーン内の選手のエアスピードも遅くなるようになりました。
  • スローオーブで音を立てずに歩けるようになりました。

変更理由
プレイヤーはバニーホッピングでゾーンを通過することで Sage のスローオーブを回避することができました。私たちは、ゾーン内のすべての動きに対して、スローの最小値をもう少し一貫性のあるものにしてほしいと思っています。また、ステルスでありながらゆっくりとフィールドを移動する方法を追加することで、ゾーンに対するプレイにニュアンスが増し、セージにとってはもう少し不確実性が増すと感じています。

マップの更新

  • バインド/Bind、ヘブン/Haven、スプリット/Split のいくつかの脆弱性/exploitsが修正されました。
  • スプリット/Split オーブをBミッドからBメインに移動しました。

意図としてはミッドからのプレッシャーを軽減し、プレイヤーがBメインをコントロールするためのインセンティブをより多く与えることにある。

プレイの快適さへの改善/Quality of Life

  • 高フレーム/秒で動作するプレイヤーのために、クライアントからのアウトバウンドネットワークトラフィックを削減
  • 一部のISPやネットワーク設定では、ゲームトラフィックがスロットル化され、FPSの増加に伴いネットワークの遅延が大幅に急増し、ゲームプレイに影響を与えていました。
  • ゲームプレイや応答性に影響はありません

バグ修正

  • 一部のプレイヤーのネットワークによってパケットが破損することがあり、まれにサーバーがクラッシュすることがあった問題を修正
  • サイファーのスパイカムが武器を使えなくなります
  • 足音の可聴範囲がミニマップに表示されないことがある不具合を修正

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。