スキップしてメイン コンテンツに移動

プロゲーミングチーム、DeToNatorがVALORANT部門の活動を開始

FPSを中心に様々なゲームで活躍しているプロゲーミングチーム、『DeToNator』がVALORANT部門の活動を始めたことを発表しました。




発表内容
【VALORANT】DETONATOR VALORANT部門 始動開始のお知らせ

メンバーは現在のところ選手2名、コーチ1名が決定しており、クローズドベータテストには5月7日よりストリーマーと選手、メンバー含めて10人体制で臨むと発表しています。
この発表に先立って先日ストリーマーのYamatoN選手がVALORANTの動画をYoutubeに公開していました。

また、代表の江尻氏は今回の発表の中で「パブリッシャーの動向を注視しながら選手を集めていきたい」と選手選びには慎重な姿勢を示しつつも「VALORANTについては、特にアマチュア・学生向けの活動にも注力していきます」とも語っています。すでにプランも計画中ということでVALORANTというタイトルへの期待の高さと情熱を伺えます。


選手

コーチ

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。