スキップしてメイン コンテンツに移動

Sengoku GamingがVALORANT部門を設立

League of Legendsのプロリーグ、『LJL』にも出場しているSengoku GamingがVALORANT部門を設立したことを発表しました。


05/08 - 初稿
05/12 - 追記:新たに2名のプレイヤーの加入が発表されました。

発表内容

今回発表されたメンバーは3名、過去にLJLでもプレイした経験のあるZerost選手、元Overwatch日本代表のAktm、CS:GOのトッププレイヤーでENLIFEのApexLegends部門に在籍していたhimajun選手です。

現在さらに2名の選手をスカウト中だとのことです。



05/12 - 追記

新たに2名のプレイヤーの加入が発表されました。
今回加入が発表されたのはSudden AttackではAktm選手とCS:GOではhimajun選手と同じチームで活躍していたFlame選手とOverwatchやPUBGで活躍していたPepper選手です。



選手

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。