スキップしてメイン コンテンツに移動

Soulbansが実装


VALORANTでチートを行ったプレイヤー個人に対する永久バン処置である「Soulbans」が実装されました。



Riot Gamesの総合チート対策エンジニアであるmirageofpenguins氏のツイートによると、一度でもチートを行ったプレイヤーに対しては、過去・現在・未来のアカウントが全て停止されるそうです。この処置は「Soulbans」と呼ばれており、ゲームの正式リリース時にどのようなものかが一部明らかになるとも書かれています。
Soulbansは現在VALORANTのみに適用されており、VALORANTでチート使用したRiotアカウントが、Riot Gamesの他タイトルでもバンを受けることは今のところありませんが、このポリシーは今後変わる可能性があるそうです。
mirageofpenguins氏は、日本時間5月12日のツイートで8873人のチーターをバンした旨をツイートしてもいます。

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。