スキップしてメイン コンテンツに移動

パッチノート 0.49

VALORANT パッチノート0.49 の翻訳です。



5/5追記
公式からパッチノートがリリースされました。
https://beta.playvalorant.com/ja-jp/news/game-updates/valorant-patch-notes-0-49/


原文
https://beta.playvalorant.com/en-us/news/game-updates/valorant-patch-notes-0-49/

* 非公式の翻訳なため読む前以下をご留意ください。
翻訳者は未プレイのため、一部誤りがある場合があります。
用語についても正確性を欠く場合があります。


VALORANTクローズドベータに3週間も入っているなんて信じられる?1ヶ月の記念日を祝うために4週間であればいいのですが、それだけではありません。プレイ環境を改善するパッチノートの数々をお楽しみください。

フェニックスメインのプレイヤーはRun it Back(Ultimate)の2つのバグの除去、ボタン1つをクリックするだけでカスタムゲームを終了できるようになったこと、スパイクがマップ内で立ち往生してしまう稀なケースは歴史に残るでしょう、そしてオブザーバーモードはいくつかの改良が施されています。

 "コンペティティブモード "が追加されているのが分かると思いますが、本実装まで少し待たなければならないでしょう。私たちもワクワクしています。

以下、すべての変更点を読んでみてください。

ゲームプレイとバランス


オーメン/Omen


  • オーメンは脆くなり、彼は代わりのシャドウフォームを残した後、もはや暗く表示されません。
  • 敵のオーメンがテレポートしているのを見つけた場合、キル(もしくは送り返す)のために敵を撃つべき時に混乱することがよくありました。今回の変更は、不死身のバグを考慮し、さらにいくつかの点を明確にするためのものです。
  • Omenのフロム・ザ・シャドウ/From the Shadowsの到達音の減衰半径を2250に縮小しました。
  • 減衰とは大げさだが、要するに、オーメンの近くにいないと、彼がテレポートしている場所をエコーロケーションすることができない。もし彼を見つけた場合、彼が死んでいることの確認を必要とすることで、彼に気味悪さを取り戻そうとしている。


セージ/Sage


  • バリアオーブは地面に支えられている場合にのみバリアのチャンクをスポーンするので、バリアのチャンクが2つしかスポーンしないこともある。
  • バリアオーブは幾何学的(geometry)な「小さな」ピースの上に配置することができなくなり、地面や箱の上に配置する必要があります。
  • 私たちはブーストゲームプレイをサポートすることが大好きです、特に複数のキャラクターが能力を組み合わせているとき(特にジェットとオーメン)。しかし、現在の配置条件では、キャラクターはあまりにも多くの意図しない場所にブースト出来過ぎると感じていました。今回の変更でプレイヤーはまだまだ予期せぬ場所にブーストすることができますが、空から30フィートの高さにいたり、マップの小さなピンホールを覗き込むためにサイトの真ん中に浮いていたりすることはなくなるでしょう。


キャラクターアップデート


  • オーメンのビジュアルを更新
  • ブリーチのビジュアルを更新


マップのアップデート


  • ヘブンの二重扉の上部にカーテンを追加し、上部の扉の切れ端からプレイヤーが見えるようにしていたセージバリアオーブーストを除去しました。
  • Haven Aメインボックスにサイファーカメラが配置されている問題を修正
  • Haven、Bind、Split の幾何図形的配置(geometry)を複数修正し、悪用を修正し、ゲームプレイの最適化を支援しました。多くの方のご協力に感謝します!
  • BindとHavenのマテリアルを更新し、全体的に表面の一貫性を高めました。
  • Radianiteのクレートの色を変更し、全体のビジュアルを統一しました。


競技性のアップデート


  • 近い将来、コンペティティブモードとランクマッチメイキングを追加します。


オブザーバーモード


  • チートを有効にしたカスタムゲームのオプションとして「ゴーストチート」を追加し、ノークリップモードでマップを飛び回ることができるようになりました
  • オブザーバーとしてドローンカメラになるとアビリティHUDが表示されなくなります
  • ドローンカメラを終了しても視聴対象として有効なであれば、最近表示されたプレイヤーに戻るようになりました
  • プレイヤーを介して観戦するためにスワップすると、他のチームのプレイヤーに移動する前に、現在のチーム全体を順番に巡ってから移動するようになりました。


HUDとUI


In-game

  • 新しい方向指定ダメージ表示ビジュアル
  • 新しい低ヘルスと残弾数少のビジュアル
  • プレイヤーのミニマップアイコンからキャラクターの肖像画を削除し、プレイヤーアイコンをより区別しやすくしました。
  • ボイスアクティビティが味方の頭上に表示されるようになりました。
  • 味方の頭上のスパイクアイコンに色を追加して見やすくしました。
  • チームメイトの頭上にあるUltimateのアビリティアイコンが、実際にチャージされた時ではなく、1 Ult ポイントを獲得した後にチャージされたと表示されていたのを修正
  • プレイヤーがエイムしているときにPing要素がフェードするようになりました、以前はテキストのみフェードしていました

ゲーム外

  • 「Find Match」ボタンをソーシャルパネルからプレイスクリーンに移動し、スタートに改名
  • 「Practice」ボタンをソーシャルパネルからプレイスクリーンに移動
  • 対局終了画面に「Play Again」ボタンを追加
  • ナビプログレスウィジェットのフライアウトをクリックできるようにした
  • メインナビゲーションボタンのクリックターゲットをクリックしやすくした
  • プレイヤーの開始側が常に下にあるように、ミニマップの向きを調整するオプションを追加
  • すべてのマップアセットを調整し、一貫して環境を固定、攻撃側が下、防御側を上に配置するようにしました。
  • コレクションビューのサムネイルにアイテム名を表示するためのホバーツールチップを追加
  • ソーシャルパネルのスクロールがスムーズになるようにスクロール速度を調整しました。
  • 設定のクロスヘアのプレビューを短くし、コントロールのためのスペースを増やす

プレイの快適さへの改善/Quality of Life

  • マルチプレイヤーカスタムゲームを終了する機能を追加しました。ESCメニューの "Leave match "ボタンを使用すると、ペナルティなしで恒久的にマッチから離れることができるようになりました。他の方法 (クライアント終了、alt+f4 など) でカスタムゲームを放棄しても、マッチに戻ることができます。

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。