スキップしてメイン コンテンツに移動

コミュニティ・コンペティションガイドライン

VALORANT Eスポーツとコミュニティーでの競技に掲載されているVALORANT Community Competition Guidelinesの翻訳です。





※地域毎に運用面で異なる場合があるので、詳細部分については担当者にご確認ください。

VALORANT コミュニティ・コンペティション・ティア


小規模トーナメント

  • 主催者:プレイヤー、PCカフェ、コミュニティオーガナイザー
  • 規模感:10,000米ドル未満(またはその地域の同等額)もしくは賞金以外で12,000ドル相当未満
  • トーナメント規模:ローカルイベント(国内のみ)
  • 主催者の目的:Fun, Organized, Social Play
  • Riotの関与: なし

中規模トーナメント

  • 主催者:中規模ブランドおよびビジネス、Esports団体、インフルエンサー
  • 規模感:50,000米ドルを未満(またはその地域の同等額)、VALORANT Global Esportsのエコシステムによる保証なし
  • 主催者の目的:マネタイズおよび/またはブランドおよびビジネスの育成
  • Riotの関与:Riot Regional Gamesとの合意

大規模トーナメント

  • 主催者:メジャーEsportsイベント団体(例:ESL、ドリームハック、OGN)
  • 規模感:公式セミプロ、VALORANT Global Competitive Ecosystemの一部
  • 主催者の目的:マネタイズおよび/またはブランドおよびビジネスの育成+VALORANT Global Competitive Ecosystemへの関与
  • Riotの関与:Riot Global Teamとの合意


コミュニティ・コンペティションガイドライン

I. 申請手続き

小規模トーナメント
1. 申請は必要ありません。
2. このガイドラインを遵守することでコミュニティライセンスが付与されます。

中規模トーナメント
1. カスタムライセンスが必要です。
2. Riot Regional Esportsチームに申請する必要があります。

大規模トーナメント
1. カスタムライセンスが必要です。
2. Global Riot Esportsチームに申請する必要があります。(すなわち、本社への申請が必要です)

II. 商標または提携

小規模トーナメント
1. コンペティションの宣伝のためにVALORANTの名称を使用することができます。
2. あなたは大会名に「チャンピオンシップ」、「チャンピオンズ」、「シーズン」、「リーグ」という言葉を使用してはいけません。
3. あなたはRiot のロゴや商標(ゲームのロゴの改変、Esport League ロゴ(プロアマ問わず)、Riot Games, Inc. Riot GamesRiotなどの名称)を使用してはいけません。また、あなたは大会および大会告知ページの宣伝にいかなる形であれ、Riot Gamesから支援を受けている、または承認されている旨を示唆する記述を記載してはいけません。
 4. あなたは以下を明確かつ目立つ方法で大会のウェブサイトおよびすべての資料に記載してください。"この大会はRiot Gamesによるスポンサーを受けておらず、またRiot Gamesと提携しているものではありません。
  
大・中規模トーナメント
 1. コンペティションの宣伝のためにVALORANTの名称を使用することができます。
 2. Riotからの事前の承認なしに、「チャンピオンシップ」、「チャンピオンズ」、「シーズン」、「リーグ」などの公式のRiot Esportsの一部であることをほのめかす可能性のある言葉を使用してはなりません。
3. Riotは大会や大会のウェブサイトの宣伝目的のためRiot/VALORANT Esportsのアートワーク、ロゴや商標の使用を許可することがあります。
また、宣伝用途に”コミュニティ"VALORANTロゴやアートワークを提供することがあります。
4. ライオットは、ライオットゲームの公式スケジュールにあなたのイベントを含めることがあります。

III. 参加費
すべてのトーナメント
1. 大会のエントリー料を請求することができます。エントリーフィーの収入は大会費用(会場、ウェブホスティング、キャスターなど)を相殺するため、または大会の賞品プールの用途にのみ使用されなければなりません。
2. 大会費用を相殺するためにクラウドファンディングを行うことができますが、クラウドファンディングで得たいかなる資金は全て大会費用または賞金プールに仕様しなければなりません。
  
IV. 賞金

小規模トーナメント
1. 賞金プールの合計額は、10,000米ドル(またはその地域の同等額)または12,000ドルの非現金賞品を超えてはなりません。
2. 事前のRiot Gamesからの承認を得ることなく年内の累計賞金プールの合計額(現金以外の賞品の現金価値を含む)は100,000米ドルを超えてはなりません。
に。

中規模トーナメント
1. 賞金プールの合計額は、50,000米ドル(またはその地域の同等額)を超えてはなりません。
2. 事前のRiot Gamesからの承認を得ることなく年内の累計賞金プールの合計額(現金以外の賞品の現金価値を含む)は200,000米ドルを超えてはなりません。
 3. Riotはあなたの賞金プールに提供することがあります。

大規模トーナメント
1. Riotはあなたの賞金プールに提供することがあります。

V. ブロードキャスト

小規模トーナメント
1. あなたは、あなたの競争をオンラインで放送することができ、いずれかのオンラインプラットフォームでストリーミングすることができます。
Legal Jibber Jabber ポリシーのルールに従ってください。
2. 観客がオンラインで大会を観戦するために、いかなる種類の料金を請求してはいけません。
 3. 競技会をオンラインで放送する場合、あなたは以下の事項を確認する責任があります:
放送伴うチャットは、下品なもの、罵倒的なもの、その他悪質な発言を適切にモデレートすること。
4. VALORANTの設定で "Show Blood "をオフにする必要があります。
5. 他のすべての放送形態(例:従来型のテレビ放送)は禁止されています。

中規模・大規模トーナメント
1. カスタムライセンスに定められたブロードキャストの条件を遵守する必要があります。
2. 競技をオンラインで放送する場合、あなたは以下のことを確認する責任があります:
伴うチャットは、下品なもの、罵倒的なもの、その他悪質な発言を適切にモデレートすること。
3. VALORANTの設定で "Show Blood "をオフにする必要があります。
4. Riotがいかなる手段であれ、あなたの大会を宣伝もしくは賞金プールに提供する、マネタイズに支援する場合に場合にはあなたは放送中にRiotのソーシャルメディアアカウントを宣伝に求められることがあります。

VI. スポンサーとパートナー

小規模トーナメント
1. 下記の禁止スポンサーリストに掲載されていないスポンサーを利用することができます。
2. あなたの組織が運営する各トーナメントのスポンサー拠出金の総額は、以下の範囲内に限られます。
10,000米ドルおよび年間100,000ドル(いずれもその地域に相当額)

中・大規模トーナメント
1. 下記の「禁止スポンサー・広告主リスト」に掲載されていないスポンサーを利用することができます。
2. 2. Riotは、スポンサーシップを介してイベントの収益化を支援することができます。
売り上げの所定の割合があなたの賞金プールに寄付されます。

禁止されているスポンサーおよび広告主のリスト
  • 他のビデオゲーム、ビデオゲーム開発会社、ビデオゲームパブリッシャー
  • あらゆるビデオゲームコンソール
  • あらゆるEsports、他のゲームの大会、リーグ、イベントなど
  • ギャンブル、スポーツブック、カジノ
  • Fantasy esports運営会社(daily fantasy含む)
  • CBDオイルなどを含む処方箋薬または以下のような「一般用医薬品」以外の医薬品
  • 銃器、弾薬または銃器の付属品
  • ポルノまたはポルノ製品
  • たばこ製品またはその類似品
  • 酒類(酒造会社から販売されているノンアルコール飲料を含む)、または法律で販売または使用が規制されているその他の中毒性物質。
  • 偽造品や違法品と判明しているバーチャルアイテムの販売者やマーケットプレイス
  • Riot Gamesの規約に違反する商品やサービスの販売者またはマーケットプレイス
  • 暗号通貨、その他規制されていない金融商品や市場
  • 政治運動または政治活動委員会
  • 特定の宗教的・政治的立場を支持している、あるいは評判の悪い慈善団体(赤十字、米国癌協会、スタンド・アップ・トゥー・キャンサー、その他これらに類する団体など評判の良い会社はこれに含まれません)
  • 上記についてご不明な点がある場合や、カテゴリーがわからない場合は、Riotの書面による明示的な許可を確保するようにお問い合わせください。
  • 禁止されているスポンサーシップリストの更新や変更される場合があります。ご自身の責任において、ご確認をお願いします


VII. マーチャンダイジング

小規模トーナメント
1. あなたは、RiotVALORANTVALORANT Esports、または類するブランドのものを販売することはできません。

中・大規模トーナメント
1. Riotは、RiotVALORANTVALORANT Esports、または類するブランドのものを提供し、または販売を許可することができます。

VIII. コンテンツに対するRiot gamesの権利

すべてのトーナメント
1. Riotはあなたがコミュニティコンペティションライセンスに基づいて以下に同意したとみなします。
Riot Gamesはあなたの大会を宣伝することを選択することができ、大会結果をライオットがスポンサーとなっている大会に出場する選手の資格を得るために使用することがあります。

2. さらに、Riot Gamesはコミュニティ・コンペティションライセンスに同意した大会を運営または支援することにより、大会の放送内容、ハイライト、映像、静止画、ニュース、その他すべてのコンテンツを自由にコピー、修正、配布、または当社が適切と判断した場合にそれらの権利をサブライセンスすること自由かつ永続的に利用する権利があります。

IX. その他の法的事項

すべてのトーナメント
1. あなたはご自身の責任(およびスポンサーやその他の第三者の責任)で大会に適用されるすべての法律および規制、随時変更される可能性のある当社のポリシーと同様に、コンペティション、および当社のすべてのポリシーの遵守をお願いします。
 もし、他のRiotポリシーで付与された許可されていない場合には権利は存在しないものとします。
 2. 大会は適用されるすべての法令および規制、ならびに以下のすべてを遵守しなければなりません。
あなたの大会をストリーミングまたは放送するために使用している第三者サービスのポリシーを参照してください。

本ポリシーに記載されているすべてのガイドライン(以下「ガイドライン」といいます)に従うことを条件に、当社の Legal Jibber Jabber、および私たちの利用規約は、Riot Games, Inc.はあなたに個人的、非独占的、サブライセンス不可、譲渡不可、取消可能、限定ライセンス (以下「コミュニティコンペティションライセンス」といいます)を利用して、VALORANTのコンペを企画・運営することを許可します。本ガイドラインや利用規約、その他のガイドラインのいずれかに違反したり、ポリシー誤解を招く恐れがある、Riot Gamesの価値観に反するものを宣伝または表現する、不適切なIPの使用をしている判断した場合 にはRiot Gamesは、いつでも本コンペの実施を中止するか、またはその他の方法で本コンペを中止することができます。

20204

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。