スキップしてメイン コンテンツに移動

5月5日よりブラジル、ラテンアメリカ、韓国でクローズドベータが開始

5月5日より、ブラジル、ラテンアメリカ、韓国でクローズドベータが開始されることが公式に発表されました。また、日本サーバーの実装にも言及され、もう少し先になることが動画の中で説明されました。







日本サーバーも実装が予定されていますが、次回以降のウェイブになるようです。

以下、発表動画の字幕の文字起こし
こんにちは、エグゼクティブプロデューサーのAnnaです
先月はCOVID-19によるグローバルリリースへの影響について
クローズドベータを主眼にお話ししました

今日はそのアップデートをお伝えします
この1か月で作業状況は大幅に進み、リリースに向けて足りていない部分を知ることができました

クローズドベータの目的はストレステストです
例えばサーバーやハードウェアの互換性、チート対策やゲームバランスなど、これらはリリースに不可欠な要素です

このデータを得られるのはクローズドベータをプレイしてくれている皆さんのおかげです
一方でプレイしたくてもできない方がいまだ大勢いるのも事実です

チームは現在世界中でより多くの方がプレイできるよう最優先で作業を進めています
というわけで よいお知らせです

アニョハセヨ 韓国!
Vamos ラテンアメリカ!
Bora ブラジル!

5月5日から韓国とラテンアメリカの大部分でクローズドベータを開始します
データセンターはソウル、サンティアゴ、サンパウロに設置されます

メキシコシティについては非常に残念ながら
インフラ整備の遅れが顕著な地域ということもあり5日には間に合わない可能性があります
こちらも急ピッチで進めていますのでご容赦ください

そしてオセアニア、日本、東南アジア、中東地域の皆さんには引き続きお待ちいただくようにお願いしなければなりません
改めて ご協力とご理解をお願いいたします

また COVID-19による影響を受けているのは
インフラだけではありません

例えば世界中の収録スタジオが稼働を停止しており
吹き替え音声の収録に多大な影響を与えています
一部の音声が英語のままになる可能性がありますができる限り避けたいです

また すでに稼働中のサーバーについてもレイテンシが不安定で現在対処中です
ping値が高くなってしまうこともありますが対策はしっかりと考えてあります

最後に こちらもCOVID-19の影響によって世界中の通信回線が混雑しており
ISPは回線の振り分けに多くのリソースを割いています
現在 これがVALORANTにどう影響するのかを検証中です

しかし これらを言い訳にしたくはありません
あくまで前向きに取り組み皆さんと一緒に乗り越えたいと考えています

チームメンバーは毎日皆さんのプレイ配信を観ては寄せられた意見をもとに修正を続けています
皆さんにはいつも勇気づけられています
引き続き対象地域を広げ新たなスタイルや着眼点を皆さんから教わりたいと考えています

ゲームでお会いできる日を楽しみにしています

それでは!

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。