スキップしてメイン コンテンツに移動

敵陣営にスポーンする致命的なバグが発見されたため、コンペティティブモードの実装が延期に

本日のアップデートで実装が予定されていた「コンペティティブモード」は敵陣営にスポーンする致命的なバグが発見されたため、修正が完了するまで延期されることになりました。




『VALORANT』のGame Director、Ziegler氏は「悪いお知らせです。私たちはプレイヤーが時折敵チームにスポーンすることがある不具合が報告され、調査を行っています。私たちは修正に向けてできる限りの努力を行っていますが、修正されるまでコンペティティブモードを有効化しません。」とツイッターで発表しています。





また、Ziegler氏のツイートのリプライには問題となったバグの動画が複数のプレイヤーにより投稿されてています。




日本の公式ツイッターからも延期のお知らせがされており、1日か2日で解決できる見込みとのことです。

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。

「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。

Riot GamesがVALORANTの公式素材を提供

Riot Gamesがゲーム配信、YouTube動画、ファンアート、コスプレなどに利用できる公式の素材を提供しています。