スキップしてメイン コンテンツに移動

日本初開催となる大会「RAGE VALORANT JAPAN Invitational」が6月20日、21日に開催!

6月20日、21日に国内より16チームを招待して、「RAGE VALORANT JAPAN Invitational」が開催されることが発表されました。



VALORANT IGNITION シリーズ
https://playvalorant.com/ja-jp/news/esports/valorant-ignition-series/

発表の内容は下記の通り。

VALORANT IGNITION(イグニッション)シリーズとは:世界中の選手、チーム、コンテンツクリエイター、トーナメント主催者とのパートナーシップのもとに作り出される、VALORANTの競技シーンにおけるエコシステム構築に焦点を当てたトーナメントシリーズのことです。これは競技イベントの開催を円滑化させるための取り組みで、ライアットゲームズとしてこの規模の取り組みを行うのは正式リリース後初となります。トップクラスのeスポーツ組織に様々な形式での体験をしてもらうことで、VALORANT競技シーンの基礎を築くことが狙いです。


近日開催のイベント



G2 x IGNITION:G2 VALORANT IGNITION シリーズでは、8人のキャプテンが自らのチームを率いて戦います。ただし…キャプテンはトーナメント前日まで、誰とチームを組むのかが分かりません。栄光をつかみ、勝利の炎を灯せるのはたった1チームのみ。イベントは日本時間6月19日22:00から開始予定です。


RAGE x IGNITION:日本最大級のeスポーツイベント「RAGE」が主催する、新作FPSタイトル『VALORANT』日本初の公認大会です。日本初開催となる本大会は、DetonatioN GamingやJUPITERなど日本トップクラスの人気と実力を兼ね備えた全16チームを招待して開催されるもので、日本初に相応しい非常にエキサイティングな大会になることは間違いありません。賞金総額は50万円。優勝した1チームの総取りとなるため、Day1の予選から目が離せない展開が予想されます。開催日は日本時間の6月20日と21日で、両日ともに15:00から23:00までを予定しています。

その他のイベントの詳細は6月18日(太平洋夏時間)に公開されます。


様々なタイトルを採用している国内最大規模のeスポーツイベント「RAGE」において、SKT T1のFaker選手を招待して「League of Legends」のイベントを開催されたことはありますが、Riot Gamesのタイトルが採用されるのは今回が初めてとなります。

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。