スキップしてメイン コンテンツに移動

コミュニティ大会「VALORANT Xross Cup 2」が7/19に開催

7月19日(日)に、XDivisionが主催するコミュニティ大会、「VALORANT Xross Cup 1」が開催されます。大会形式は32チームによる勝ち抜きトーナメント(シングルエリミネーション)です。



(以下、公式プレスリリースを元にした内容となります)

1.団体紹介
 XDivision(クロスディヴィジョン)は、ライアットゲームズ様よりリリースされるFPS『VALORANT』において、コミュニティの活性化を主な目的として、5月27日に設立されました。コミュニティ大会『VALORANT Xross Cup』を継続的に開催していきます。
 当団体は、他タイトルにて1年以上コミュニティ大会の運営を行ってきたメンバーで構成されており、その経験を活かし高品質な大会運営・配信を行っていきます。



2.大会概要
  • 大会名:VALORANT Xross Cup 2
  • 日時:7月19日(日) 17:00~
  • 参加チーム数:32チーム(先着順)
  • 募集期間:6月23日(火)20:00~7月12日(日)23:59
  • 参加条件:①日本語でのコミュニケーションが可能なこと
         ②Discordが使用できること
         ③5人1チームで申し込むこと
  • 試合形式:Bo1トーナメント、シングルエリミネーション
  • 応募方法:公式Webサイトより応募
  • 賞品:後日発表
前回多くの申し込みをいただき32チームで実施することができましたので、今大会も32チームによるシングルエリミネーション(全試合Bo1)で実施します。

3.キャスター
  • 実況:後日発表
  • 解説:後日発表

4.Webサイト等

5. 告知ツイート

6.本件に対するお問い合わせ
XDivisionの公式Twitterまでお問い合わせください。


(公式プレスリリースからはここまで)

詳しい情報は「XDivision」の公式サイト、または公式Twitterでご確認ください。

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。

「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。

Riot GamesがVALORANTの公式素材を提供

Riot Gamesがゲーム配信、YouTube動画、ファンアート、コスプレなどに利用できる公式の素材を提供しています。