スキップしてメイン コンテンツに移動

報告結果通知がテスト実装


ゲーム内でチートの報告を行った結果、チーターが処罰されると、報告者に通知が行われる機能のテストが始まっています。

画像はNinja氏のツイートより
「VALORANT」ディレクターのZiegler氏のツイートによると、このチーター報告結果通知が発生するには条件があります。クライアントを起動している最中に、報告対象のプレイヤーへのアカウント停止が行われた場合のみ、このメッセージが表示されます。

アンチチートリードを務めるPaul Chamberlain氏のツイートによれば、この報告結果通知は実験的機能であり、急いでリリースしたものの、報告対象のチーターのIDを表示するようにするなど、今後も改善を続けるそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

【Rioter Post】来週中にコンペティティブモードが実装予定!

VALORANTの開発チームのゲームディレクター、Ziegler氏が来週中にレートマッチ(コンペティティブモード)を開放することを発表しました。


「VANGUARD」によるチート対策の現状と課題

VALORANTでは「VANGUARD」と呼ばれるチート対策ソフトが導入されており、クローズドベータテストでチートを使っていたプレイヤーは正式サービス開始後もハードウェアバンを解除せず、またチートを使用して数試合プレイしてもすぐにバンされるといった状況になっています。また一方で課題も生まれています。


Riot Morello氏がPatch 1.02でのヴァイパーの変更について言及

VALORANTのCharacter design lead、Riot Morello氏が自身の配信でPatch 1.02でのヴァイパーの変更点についてに言及しました。